まずは手を変えてみよう(地爪育成編)

ガッキーを目指すと言っている以上、自分のコンプレックスを一つずつ克服していかないと、タイトル詐欺になってしまうので、今回自分のコンプレックスと向き合ってみた話をしようと思う。

 

誰にでも、コンプレックスはある。コンプレックスを書き出すと、キリがない。新垣結衣みたいになりたい。美人になりたい。可愛くなりたい。漠然とああなりたい、こうなりたい、と思うことはあっても、いざ自分のコンプレックスを書き出して、どうすれば理想の自分になれるかを考えると、あまりに長い道のりに心が折れそうになる。

 

コンプレックスには2種類ある。自分の努力でどうにかなることと、自分の力だけではどうにもならないことだ。私と新垣結衣の共通点など、生物学的に女性であることと、高身長であるくらいだ。新垣結衣になろうと思ったら、もっと顔を小さくして、目を涼やかな二重にして、鼻筋を通して、かなり痩せないといけない。しかし、逆に言えば、背を高くしたり低くしたり、性転換をしたりなど、大掛かりなことをしなくても良いということなので、日々の努力でなんとかなりそうな気がしないこともない。そうやってポジティブに自分のコンプレックスと向き合わないと、ガッキーを目指すなんて大それたこと、なかなか言えるもんじゃない。

 

さて、私の長年のコンプレックスの一つに、指先の醜さがあった。母親譲りの薄爪で、すぐに割れてしまうので、いつも深爪になってしまい、あまり人に見られたくないと思っていた。

頑張って伸ばして、透明のマニキュアで補強してみたり、オイルを塗ったりしてもすぐに割れて、どんどん2枚爪になっていくので、ほとんど意味がなかった。

「深爪を治すなんて、なかなかできないよなあ」と思っていた。35年間ずっと薄爪で深爪なので、ほとんど諦めていた。

 

↓見せるのも恥ずかしいが、私の自爪である。

f:id:kawaiiyomeninaru:20210626092747j:plain

赤ちゃん並の爪の薄さで、少しの衝撃ですぐに割れてしまう。伸ばしても伸ばしても、白い部分しか伸びず、扇子のような形に段々爪が広がってしまうので不恰好だ。

指先というものは、人によく見られているところだ。レジでお金を渡すとき、友達に手土産を渡すとき、宅配便を受け取る時、等々。爪がきれいに手入れされているというだけで、女性らしさが増す気がするし、清潔感を感じられると思う。私は自分の爪が恥ずかしくて、レジでもさっと隠してしまうし、こまめにネイルをしているママ友達と見比べると、居た堪れない気持ちになる。

 

新垣結衣は、派手なネイルをしている印象はないが、それでもお洒落なカラーマニキュアを塗っていたり、清潔感のある素爪で女性らしい。顔を新垣結衣にするのは難易度高めだが、まずは手だけでも新垣結衣に近づけないものだろうか・・・。

 

長年コンプレックスだった爪を、この機会になんとかしたい!

堂々と人に見せれる指先になりたい!!

 

そう思い立って、「深爪矯正」で近所のネイルサロンを検索したところ、「地爪育成をしている」というサロンを見つけた。完全個室で、ネイリスト歴が20年近く、ネイルケアに力を入れているSさんの自宅サロンである。何よりも、おっとりとした笑顔のプロフィール写真に惹かれた。藁をも掴む思いで連絡をし、どうにかこうにか予約が取れた。

 

サロンに着くと、Sさんはイメージ通りのふんわりおっとりとした笑顔でお出迎えくださり、特に緊張することもなく、施術が始まった。

 

トマトスキーさん、すごく爪が乾燥していますね。かなり割れやすいでしょう。」

「人って、結構爪先を使って、色々作業しちゃってるんですよ。まずは意識から変えていきましょう」

「爪って変わらないと思ってるでしょう?でも、ちゃんと変わるんですよ。だから、安心してください」

 

ニコニコと笑いながら、爪を磨いてくださるSさん。正直、「こんな手入れもしてない爪で、サロンにくるなバカヤロー!」と怒られても仕方ないくらいに思っていたのだが、もちろん全くそんな素振りは見せず、終始細やかに爪の手入れについて教えてくださった。

 

↓そして、Sさんによって磨かれた爪が、こちら。

f:id:kawaiiyomeninaru:20210626095743j:plain

 

えっ!別人の手じゃないですか!!!!?

なにこのツヤツヤトュルンな指先!!!すっっっっっごくきれいになってる!!!爪がうるうるしてるぅぅぅぅ!!!!

 

「こ、こんなに変わるもんなんですね・・・」

「そうですよ(ニッコリ)ちゃんと手入れすれば、爪は変わります。トマトスキーさんは、ピンク部分を伸ばしたいということなので、ジェルをつけながら伸ばしていきましょう。少し意識をするだけで本当に変わりますから、楽しみにしていてくださいね」

 

Sさんのすごいところは、爪をきれいにしてくれるだけでなく、爪に対する意識まで変えるところである。これまで寝る前にハンドクリームを塗る程度だった私が、今ではゴム手袋をつけて洗い物をし、こまめにハンドクリームを塗り、空き時間はネイルオイルで爪先のマッサージをするほどにまで成長した。それほどまでに、Sさんの言葉は自信に満ちていて、「35年間深爪で悩んでいた私でも、きれいな爪になれる」という気持ちにさせてくれた。

 

Sさん自身の指先もすごくきれいで、「最近はジェルはせず、ずっと地爪で過ごしています」というだけあり、ネイルをしなくても女性らしく、爪の先までしっかりと手入れがされていて美しかった。白くてしっとりしていて、長すぎず短すぎず切り揃えられたピンク色の爪。「きっと新垣結衣の手ってこんな感じなんだろうなあ」と、思わず撫で回したい・・・(変態)と思ったほどである。そんなSさんも普段は家事と育児をこなす3児の母親で、それでもこの手をキープされているというのだから、今後もSさんから色々と教えていただきたいところである。

 

かくいう私は、爪をピカピカにした日の夕方に、ジャガイモの皮を剥くときに爪をピーラーで引っ掛けて、わずかに削ってしまうという失態を犯してしまった。ちょっとしたことでも、爪を傷つけてしまうことが結構たくさんあるんだなあと、毎日ヒヤヒヤしながら料理をしている。

 

また1ヶ月後、爪の手入れをしに伺う予定なので、普段どんなことに気をつけて生活しているのか、料理はどんな道具を使っているのか、掃除はどうやってしているのか・・・など、自分の日常生活に落とし込んでいけるヒントを、Sさんに色々と聞けたらと思っている。