自爪育成2回目

学期末になると、息子たちのイベントが増えるので、ついついそっちに気を取られて、PCを開くのが億劫になっていた。しかも、夫の会社の決算月で、書類を作るのがめんどくさくて、溜まりに溜まった領収書をPCに打ち込むのが嫌で、見て見ぬふりをしていた。

 

ブログ書いたら、ちょっと仕事しよう(プライオリティw)

 

 

 

 

さて、先月から始めた自爪育成だが、前回から3週間後に、2回目の施術に行ってきた。

 

kawaiiyomeninaru.hatenablog.com

 

深爪のせいで、かなりのショートネイルになったが、それでもジェルを乗せていると、爪に対する安心感が全然違う。それだけでも、ジェルネイルにしてよかったと思えるほど、爪が割れにくい。トップコートやネイルハードナーとは桁違いの安心感である。

何より、人前に出しても恥ずかしくないというのが、精神的な変化として感じられた。案外、爪先は人によく見られているので、そのコンプレックスをカバーできたことで、普段自分が感じているストレスのうち、1/4くらい減ったんじゃないかと思う。

そして、人に見られても良いと思うと、財布を持ったり、荷物を受け取るときの動作が、ゆっくりになった。爪を直すと、所作まで変わるんだなあと感心した。たったこれだけのことなのに、新垣結衣のような、しっとりとした佇まいに近づける気がする。

 

ただ、かなりのショートネイルなので、ジェルでしっかり爪先まで覆えないせいで、浮きが早い。平均的なジェルネイルの持ちは3〜4週間のようだが、私は2週間を過ぎたあたりで、中指の先端部分のジェルが浮き始めた。

f:id:kawaiiyomeninaru:20210726094611j:plain

浮いた部分に水が溜まったままになると、グリーンネイルになるので、早めに修復したほうが良い。しかし、ネイル初心者の私は下手に触らないほうが良いと思い、3日ほどハラハラしながら次の施術日を待った。

 

サロン当日は、土砂降りのゲリラ豪雨で、駐車場で既にずぶ濡れになった。みすぼらしく濡れた私を、サロンのSさんは、相変わらずふんわりとした穏やかな笑顔で出迎えてくださり、爪を見て「結構伸びましたね」とおっしゃった。梅雨の季節は、秋冬にくらべて湿度が高いこともあり、爪が伸びるのが早いらしい。そのため、一般的にもお直しのサイクルが早くなるらしいが、その度にジェルネイルをはがし、繰り返し爪の表面を削ると、爪がどんどん傷つき、薄くなってしまうと言う。

トマトスキーさんの場合は、絶対に一層残しでジェルを替えたほうが良いと思います」とのことなので、薬液を使うことなく、ジェルの上の層を削ってはがし、一番下の層を残して、新たにジェルを乗せていく方法を提案してくださった。

 

「中指、結構浮いてるんですけど、それでもできるんですか」

「これくらいならできますよ。ちゃんと直せます」

 

そう言いながら、自爪がうっすらと見えるところまで、ジェルの上層部分を削っていくSさん。ジェルを削っただけなので、爪の表面は凸凹としていて、白く傷まみれだ。だが、この傷は、爪に残された一層目のジェル部分についたものなので、自爪にはほとんど傷はついていないらしい。うっすらと透けて見える自爪は、まだまだ白い部分が多く、ピンクの部分が少し伸びたような気がしないでもない・・・という程度だ。

 

「自爪育成をしたいなら、ジェルを乗せずにネイルベッドを伸ばしていく方法がいいと思います。ジェルはやはりメンテナンスが必要だし、最終的にジェルを剥がすときに、どうしても薄くなってしまうので」と、Sさんは言った。

その上で、トマトスキーさんのように、自爪が割れやすくて不安という方は、ジェルで補強しながら、きちんとネイルケアをして、丈夫な爪を育てていく方法も、もちろんアリです。今のトマトスキーさんには、その方法が合っているのかもしれませんね」とのことで、ピンク部分がもう少し伸びるまでは、今のやり方で爪を伸ばしていくことにした。

 

そして、今回の爪がこちら。

f:id:kawaiiyomeninaru:20210726094616j:plain

 

めちゃくちゃ、綺麗じゃないか!?

何もしていなかったときの手はこれです、これ。本当に同一人物の手ですかっていうくらい、綺麗になってる!

f:id:kawaiiyomeninaru:20210626092747j:plain

 

ジェルネイル以外にも、1回目の施術以降、洗い物の時や掃除の時は手袋をつけ、こまめにハンドクリームやネイルオイルでケアし、指をマッサージするようにしているのだが、その効果を覿面に感じられて、ものすごくモチベーションが上がった。

Sさんも、「ちゃんとケアされてるのが、よく分かりますよ!すごくきれいで、うっとりしちゃいますね!この調子で頑張りましょう!」と、ニコニコと褒めてくださった。褒められると、やっぱり嬉しいもので、「よし、もっと頑張ろう」という気持ちにさせてくれる。Sさん、本当にありがとう。

 

 

このブログを書いている現時点では、既に2回目の施術から2週間以上経っており、前回同様中指から浮き始めている気配がある。しかし、1回目と2回目を比べると、少しネイルの長さが伸びたため、その分持ちは良くなっているような気がする。

 

早く3回目の予約を取りたいのだが、子供たちが夏休みに突入しているため、少し日程を調整しづらく悩んでいる。Sさん曰く、「お子さん、夏休みだと思うので、連れてきていただいてもいいですよ」とのことだが、傍若無人で自由すぎる2歳と4歳が、見たこともない器具やストーンや小瓶がたくさん置いていある空間で、果たして興奮せずに大人しく待っていられるか、めちゃくちゃ自信がないので、足踏みしている状況だ。

 

どこかのタイミングで、夫の休みが合うことを願いながら、これ以上爪先を痛ませないよう、慎重に生活する日々である。