アラフォー主婦が3日間ファスティングに挑戦してみた

週に1〜2度、めかぶとキムチと納豆を取り入れる生活を続けていたが、体重が1キロ減ったくらいで、それ以上何も結果が出なかったため、少し強引なやり方で、自分の体をリセットする必要があるのではないかと思い、ファスティングに挑戦してみることにした。

 

ファスティングといっても、かなりライトなもので、ネットを参考にできそうな部分だけ取り組むことにした。夫は私が食事を抜くのを、とても嫌がるため、夫が仕事で不在の2日間を狙い、極力夫の目につかないように、ファスティングをやることにした。私のなんちゃってファスティングは、以下の通り。

 

  • ミネラルウォーターを1日2リットル飲む
  • 朝食は、フルーツミックスジュース
  • コンブチャを1日30ml
  • アルコール・カフェイン・炭酸は禁止
  •  夕食は、無印良品のスムージーか味噌汁の汁のみ
  • これを3日間続ける

 

私のファスティング方法はかなり適当なので、わざわざ置き換え用の酵素ドリンクなどは頼まない。フルーツミックスジュースは、パイナップル・いちご・ブルーベリー・牛乳・アロエヨーグルトで作る。これは子供たちも頻繁に飲んでいるもので、甘すぎなくて美味しい。本来なら、繊維質を取り除くために、絞らないといけないらしいが、面倒なのでそんなことまではしない。

↓自家製フルーツミックスジュース(本当はもっと飲みたい)

f:id:kawaiiyomeninaru:20210619084849j:plain

↓何も作る気が起きない時に助けられた無印のスムージー

f:id:kawaiiyomeninaru:20210619085043j:plain

↓侘しくすすった味噌汁の汁

f:id:kawaiiyomeninaru:20210619085405j:plain
コンブチャは、ドラッグストアで2000円程度で手に入れた。以前から気になっていたので、この機会に試すチャンスが来た!と、思い切って買ってみた。名前から受けるイメージとは全然異なり、少し酸味があり、とろりとしていて美味しい。

一番苦痛だったのが、水を飲むことだ。私は普段、あまり水を飲まない。水が苦手なので、普段はキンキンに冷やした炭酸水を飲むことにしているのだが、炭酸水は胃への刺激になるため、避けた方が良いらしい。どうせ飲むならと、Contrexという超鉱水を買って飲むことにしたが、これが何をどうしても、かなりまずい。口に入れた瞬間、ぬるっとしていて、後味が悪い。しかし、わざわざお金を出して買った水を、易々と捨てられるわけもなく、氷を入れたり、コンブチャを希釈するのに使うなどして、なんとか1本飲み切った。Contrexはこれ以上飲めないと判断し、後半はevianを飲んだ。

 

  

さて、ファスティングは、誘惑との戦いである。

私は専業主婦なので、常に食事作りに追われている。食事を作れば、もちろん揚げたての唐揚げやら炊きたてのご飯やら、作りたてのポテトサラダやらを目にするわけである。そんなの、一口食べない方が、動物学的におかしい。夕食を作る最中、シャモジにべっとりついたポテトサラダを舐めたくて舐めたくて身悶えした。

味見をしなければならないというのも曲者だ。ミートソースやグラタンなどは、味見をしないとかなり危険な部類のメニューである。子供たちに味見をさせる手もあるが、まだ2人とも小さいので、全く当てにならない。一口程度の味見など、カロリー的にはなんの問題もないのであろうが、美味しさを舌で味わってしまうと、途端にファスティングの決意が揺らいでしまうので、要注意だ。そこからなし崩しに、もう一口、もう一口と食べて、いつの間にかお鍋が空っぽなんてことになったら、目も当てられない。

極め付けは、子供の残した食べ物の残飯処理だ。幼児2人は容赦無く食べ物を残す。ファスティング期間中、お皿に唐揚げと餃子が残されているのを見た時は、かなりきつかった。「こんなに美味しい食べ物、なんで残すねん!」と悲鳴に近い声で、子供たちに怒ってしまった。残ったおかずは、夫に食べてもらうこともできるのだが、あいにく仕事で不在だったため、泣く泣く捨てた。

その他にも、子供たちにおやつを準備したり、夫にお弁当を作る度に、「自分は食べられないのに、なんで人の食事を世話してるんやろ・・・」と、何度も虚しい気持ちになった。3日目は、久しぶりに夫が帰ってきて、夕食を作ったのだが、案の定「なんでトマちゃんは食べないの」仏頂面だったので、ファスティングに挑戦してて、今3日目だから。明日には一緒に食べれるようにするから」と説明して、不機嫌な夫をなだめるのに神経を使った。

 

 

私の3日間の経過を、簡単に説明しようと思う。

【1日目】

まだそこまで苦痛を感じなかった。空腹が心地よいとすら思えていて、なんなら穏やかに初日を過ごせたので、「ファスティングなんか楽勝やん」と、楽観していた。

【2日目】

食べ物への渇望がすごかった。とにかく、至るところに食べるものがあるので、うっかり食べないように気をつけた。体の変化としては、お通じがよくなりすぎて、迂闊にオナラができないほど、水のような便がひたすら出た。子供たちのお迎えの際も、公園遊びの際も、とにかく肛門にテンションをかけておかないと大惨事になるところだった。そして、食事を作るのが億劫で、何度も「今日はうどんでええか・・・」と諦めたくなったが、それでも自分を奮い立たせて、子供の好物を作り、それを見事に食べ残された時の苛立ちったら、半端なかった。

【3日目】

水便は止まったが、体が重く、もう起き上がれないのではないかと思った。これは、体にケトンが蓄積しているせいであると思われるが、いわゆるファスティング好転反応とのことである。しかし、それにしても、本当にしんどい。立ち上がれば目眩がし、立って歩くということがものすごく苦痛で、すぐに椅子に座り込んでしまう。人間はエネルギーがないと、ここまで動けなくなるのかと、ゼイゼイと肩で息をしながら思った。今日1日を乗り切れば、食べ物にありつける・・・。目の前のやるべきことに、ひたすた「無」の感情で取り組んだ。エネルギーがゼロの状態で暴君(息子)2人の相手をすることは、装備ゼロでデスピサロに臨むようなものだが、ここまできたらやるしかないので、床に這いつくばりながら相手をした。しかし、食事を作っていても、家族が食事を食べるのを見ても、不思議と前日ほど辛くはなかった。

 

 【ファスティング終了翌日】

ようやく3日間のファスティングが終わった。エネルギー不足で息切れしながら、息子たちを幼稚園に送り出した後、「スッキリ大根」を作って、一人でゆっくり食べてみた。 

f:id:kawaiiyomeninaru:20210619085323j:plain

まずは、大根を茹でた昆布のだし汁をコップに一杯。これは本当に茹で汁なのか、と疑うほど、美味しかった。しみじみと味わい深く、じんわりと空っぽの胃に染み渡る。そして、たたき梅を一口ぺろり。びっくりするほど美味しくて、脳がビリビリと震えた。この3日間ほとんど口にしなかった塩味が、舌をキリリと刺激して、目が覚める。ゆっくりとたたき梅をだし汁に溶かしてグッと飲み干すと、一気に体にエネルギーが満ちていくのが分かる。圧力鍋でコトコト炊いた大根は、昆布で煮てあるだけなので、とても薄味だが、ほんのり甘い。久しぶりの固形物を、ゆっくり噛み締めて、胃に運ぶ。途端に、胃がぐるぐると動き出し、久しぶりに消化機能を果たそうとしているのが感じられた。合間に、きゅうりにもろみ味噌をつけて食べると、それはもう感動ものだった。噛むということを3日間全くしなかったので、きゅうりのぽりぽりという感触が、これほど心地よいとは思いもしなかった。本来なら1時間ほどかけて食べるらしいが、ゆっくり食べているつもりなのに、20分ほどで食べ終わってしまったw

その日の夕食は、軽めのトトロ蕎麦にし、私のファスティングは終了した。

 

 

気になる効果はというと、体重は4キロ減った。見た目は特に変わらないが、体感的にとてもスッキリした。特にお腹周りがスッキリしたので、履いていたジーンズが緩くなった。あとは、やり切ったという達成感。そして、回復食に食べた昆布だしの美味しさへの感動は、これまでの自分の味覚はなんだったのかと思うほどだ。

そして、いかに自分が食事を作りすぎていたかということにも、気付かされた。「足りないよりは、余る方がいい。余ったら自分が食べればいい」と、少しでも子供たちの口に入るよう、たくさんおかずを作っていたが、自分が食べられない間、たくさんの食材を無駄にした。その度に、「2度と唐揚げなんて作るもんか」と虚無感を噛み締めながら、おかずを三角コーナーに捨てた。大人にとっても、子供たちにとっても、食事は少し物足りないくらいでいいのだ。一応3食きっちり出しているのだから、餓え死ぬことなどない。日本は飽食すぎるのだ。「もっと食べたい」と言われても「ないものはない」でいい。自分で稼げるようになってから、たらふく食うが良い。

 

 

結論、アラフォー専業主婦でもファスティングはできる。しかし、想像をはるかに超えた、厳しい戦いになる。たった3日程度で心が折れそうだった。だって、主婦は常に食事に携わっているのだ。家族に美味しいものを食べさせようと、頑張って美味しいものを作っているのだ。なのに、作った本人はそれを味わえないなんて、本来ならそんな環境あり得ない。

 

 

正直、ファスティングはもう懲り懲りだ。しかし、たった3日で4キロも減って、しかも腸内がスッキリまっさらな状態になるのは、めちゃくちゃ嬉しいし、気持ちいい。今後も、月に1回程度、不定期にチャレンジしてみてもいいかもしれない。 

3食作ってくれて、残飯処理も洗い物もしてくれて、子供たちのおやつも準備してくれて、スーパーに買い出しに行ってくれて、子供と一緒に公園で遊んでくれる、そんな人がいたら、ファスティングはかなり簡単になると思う。そういうファスティング・ヘルパーみたいな人がいれば、絶対にお願いするのになあ。